いつもお客さん第一主義であること

イベントや展示会等の催しでは、いかに多くの来てもらうかが勝負だということは言うまでもありません。

そのために色々と集客するための前準備や仕掛けが大事になってきますね。

最近は、インターネットを使った集客がありますが、イベントの内容によっても方法が変わってくることもあります。

特に企業が主催する展示会等では、特定の人を招待することがメインになってきます。

この場合は、一般の方人とは分けて、

「アナタだけを招待する。」

という案内方法を取るケースが増えてきています。

いわゆる「囲い込み」という方法ですね。

来場者には、特典を付けることもある種の集客促進につながります。

不特定多数のお客さんを集めることも大事なのですが、絞り込んだ相手を呼び込むためには、

「他の人とは違う。」

というステータス的な案内状を送るのが効果的でしょう。

但し、案内状や招待状を送った後は、必ず来場のお願いを電話で伝えることも集客の最後の詰めとなることは間違いありません。そしてもちろん来ていただいた時のフォローも忘れてはいけません。せっかく行ったのに誰にも合わずになんのお構いもなく帰ったのではその人が満足しないからです。

集客方法がわかっているお店は繁盛していますが、集客が何なのかよくわからないお店は何年経ってもそこそこでしかありません。

集客がわかっているお店は「いつもお客さん第一主義」なので、こちらとしては本当にありがたい存在なのです。

「お客さんからありがたがられるお店を作ること」
は、商売を続けていくうえで一番大事なんだと思います。
いつもお客さん第一で考えられるなら、そのお店が特別なサービスやイベントを実施しなくても経営していけると思います。

このような特別なサービスで集客しているお店があるけれど、そういうお店はある程度大きなお店であることが多いです。
街の小さな商店とか、個人で細々と続けているお店は大きなサービスはできませんし特別なこともできません。

だけど、お客さんのことを思って経営している姿勢が表れている限り、その店が淘汰されることはないと思うのです。
「大きなことはできないけど…気持ち程度だけど…」という姿勢が集客につながると思うのです。

それは、その顧客にあった商品案内を出したり、ラッピングを丁寧にしたり、お礼状を出したり、そんな小さなことからでもお客さんは十分にそのお店に対する信頼関係を作ることが出来るのです。

<特別サポート>
クレジットカードの即日発行じゃけん|貯蓄|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|内職|GetMoney|内職 アルバイト|アフィリエイト相互リンク|副業ランキング|JALカード|相互リンク・Tie-up|電子マネー|相互リンク募集|ダイエットジムフランチャイズ|家計見直しクラブ|